障がいをもつ未就学児と親のための音楽療法


 参加者募集中です!

 主にダウン症のお子さんが参加しています。

お申込み・お問合せはこちらから



障がいをもつ未就学児と親のための音楽療法(4)

今日は、ちょうど同じ年くらいの子が2人参加してくださいました。

男の子は、自動車のおもちゃがお気に入り。見つけると、すぐにまたがって両足でスイスイと漕ぎ出しました。

女の子は、ダンスがお気に入り。「大きな栗の木の下で」を全身を使って表現してくれます。「あなたと私」の歌詞のときには、ちっちゃな人差し指を自分の顔にあてています。

「ジングルベル」の曲がはじまると、鈴に向かってハイハイして駆け寄って、身体を上下に揺らしながら、ふたりで一緒に鈴を鳴らしてくれました。ママたちの拍手も加わって、笑顔あふれるクリスマスの雰囲気に包まれました。

 

障がいをもつ未就学児と親のための音楽療法(3)

今日は、3人でピアノの連弾をしました。

先生の演奏に合わせて、鍵盤に手を置き、身体を揺らしてながら弾く真似をします。自然に、不協和音にならない音を出すので、不思議ですね。

大きい子が楽譜をめくる真似をすると、小さい子も真似をして楽譜に手を伸ばしていました。

こうして真似をしながら覚えるのですね。

 

障がいをもつ未就学児と親のための音楽療法(2)

 

今日は、トランポリンにも挑戦。両手でしっかりママにつかまりながら、曲に合わせてピョンピョンできたよ!

女の子は、「ぞうさん」の曲が流れると、左手を大きく動かして、象の鼻の動きをしてくれました。ママに抱っこしてもらって、ピアノのそばでご機嫌です。

障がいをもつ未就学児と親のための音楽療法(1)

今日は、おもちゃが沢山置いてあるプレイルームで音楽療法をしました。

沢山のおもちゃの中から、「これだ!」と目的をもってお目当てのおもちゃを運びだしてきて遊んでいるようでした。

ギターのおもちゃを見つけたときは、お兄ちゃんの真似をして、ちゃんと左手に持って右手で弾いていました。チューニングをする仕草も様になっていてカッコよかったよ!

障がいをもつ未就学児と親のための音楽療法体験

障がいをもつ未就学児と親のための音楽療法体験 2017/10/2
障がいをもつ未就学児と親のための音楽療法体験 2017/10/2

>>>お問い合わせはこちらから

障がいをもつ未就学児と親のための音楽療法

 

 

「障がいをもつ未就学児と親のための音楽療法」の体験会を行いました。

4組の親子が参加してくださいました。

 

※この事業は、赤い羽根共同募金会の助成を受けて実施しています。