第9回 秋の朗読立礼濃茶体験会を開催しました。

 毎年恒例の「春の朗読立礼茶会」、今年は濃茶の体験会を開催することになりました。
 
まず最初に、与野朗読の会の本居麗子さんの朗読で、新美南吉作「うた時計」をお聞きいただきました。


 次に、濃茶の体験会です。

日榮がお点前をさせていただき、濃茶を一服差し上げました。

「お服加減はいかがですか?」とお尋ねすると、

「丁度よい練り加減です。」「美味しい!」などのお言葉を頂くことができました。

 

玉川遠州流の今井晋聲先生に解説して頂きながら、ひとつのお茶碗を3から5人で回して飲んで頂きました。

飲み終わったとき、茶碗の飲み口を折った懐紙の角で拭うと、花びらのような模様になります。

それを愛でて、香りを嗅いで、楽しみました。

 

後半は、音読健康倶楽部のみなさんによる群読です。

芥川龍之介作「蜘蛛の糸」と国木田独歩作「たき火」をお聞きいただきました。

 

 濃茶についてのアンケートには、

「初めての経験で緊張しましたが、わかりやすい説明や手ほどきを頂き、よい経験をさせていただきました。」

「お菓子共々、美味しくいただきました。」

「気軽に体験させていただき、ありがとうございました。」などの感想をいただきました。嬉しいです!

 濃茶のお点前は初めてで、とっても緊張しましたが、皆さんに支えていただきながら、愉しい時を過ごすことができました。

 

 こうして続けられるのも、参加してくださったお客様と、朗読ゲストの本居さん、遠方から来てくださった玉川遠州流の先生方や、音読健康倶楽部の皆さんのお蔭です。心より感謝しています。本当にありがとうございました。

また次回が開催できますよう、一所懸命に精進して参ります。

 

さいたま市内にお住まいで朗読が好きな方や、茶道の心得のある方のご参加をお待ちしています。 

お問い合わせは、こちらから