2014/7/18  介護予防教室で健康のために声を出して読む音読活動をしました。

本日、ひとつ目ののテキストは、

萩原朔太郎「貝」です。

 

桜貝、角貝、青貝、ホタテ貝の写真を見ながら、螺鈿へと話題が広がりました。

 

海の近くで育った方もいらして、

「天気の良い日は、空の色が青いから海も碧いのよ。」

と教えてくださいました。

 

リズミカルな詩なので、手拍子や足踏みをしながら読んだり、グループに分かれて輪読したり、いろいろなパターンで読みました。

 

 


貝  

萩原 朔太郎

雨のふる日のつれづれに

海でひろった桜貝

つの貝青貝ほたて貝

大貝小貝のいろいろを

まどにならべて遊びましょう。

 

 

一つ一つの貝がらに

海のにおいがのこってる。

耳をあてればこうこうと

なみのとどろくもの音が、

ほのかにとおくきこえます。

 

 

雨はしとしとまどのそと、

おもいはとおい海の空。

いっしょに遊んだともだちの

こいしいかたみもとりまぜて

いそのにおいのなつかしく

大貝小貝桜貝。