デイサービスにて音楽療法♪

かぐや姫の「神田川」の歌詞、

「洗い髪が芯まで冷えて 小さな石鹸カタカタ鳴った~」から、施設の職員さんが、首に白いタオルをかけ、半纏を羽織って、片手に洗面器をかかえて、石鹸箱をカタカタ鳴らしながら登場してくださいました。

歌詞どおりの姿に、みなさん大喜びでした。

 

そして、「津軽海峡冬景色」でも、期待通り、女性に扮して登場すると、みなさんから大きな拍手がおこりました。もう一人の職員さんが、紙で作ったカモメを飛ばして、さらに盛り上げてくださいました。

「さよならあなた 私は帰ります。」のところで、みなさんも大きく手をふってくださって、笑顔の別れになりました。